赤ら顔 原因

赤ら顔の原因とは

赤ら顔の原因とはどんなものがあるのでしょう。顔の中心を始点として顔全体に赤みが目立つような状態を赤ら顔といいます。その症状がおきる原因にはいくつかの原因がありますが、ここではそのいくつかの原因についてご紹介していきます。

 

赤ら顔の原因は5つ

 

赤ら顔の原因は・・・

 

@皮膚が薄い
A気温変化による毛細血管拡張
Bニキビでの炎症
C皮脂による炎症
D刺激物の過剰摂取

 

これら5つに分けられます。

 

@皮膚が薄い

 

皮膚が薄いことも赤ら顔の原因となります。皮膚の第二層目にある真皮は毛細血管が密集しています。この毛細血管が真皮が薄いために見えてしまうのが原因。皮膚が薄いと血管が透けて見えてしまいます。それで肌が赤みを帯び、赤くなりやすくなります。この皮膚の薄さによる肌の赤みにはビニール肌や菲薄化の原因ともなります。

 

A気温変化による毛細血管拡張

 

毛細血管は血管の太さを変えることで外気温に対する体温調整をしています。この太さを変える働きが体温調整となっているのです。比較的暑い地域では血管の太さの変化は少ないですが、寒い地方では毛細血管の拡張・縮小は激しく頻繁に起こるようになります。この毛細血管の縮小・伸縮が激しすぎると血管が太くなったまま戻りにくくなります。その状態が続くと赤ら顔のような状態になってしまいます。

 

 

Bニキビでの炎症

 

赤ニキビのような炎症が原因となるニキビがあるときは周辺の皮膚も赤くなります。これらは炎症が治まれば赤みもおさまりますが、赤ニキビが治らないうちに新しいニキビができ、これが繰り返されると肌の赤みが残るようになります。ニキビを繰り返すほど赤みが残りやすくなってしまいます。

 

C皮脂による炎症

 

皮膚の皮脂が多いと毛穴などにも皮脂汚れが溜まりやすくなります。空気に触れて酸化しやすい皮脂汚れは常在菌と反応して酸化してしまいます。それが原因となって炎症が起こり、肌が赤くなってしまうのです。皮脂分が多い箇所ほどその現象が起こりやすくなりますので洗顔でキチンど皮脂汚れを落とすようにしましょう。

 

D刺激物の過剰摂取

 

アルコールや香辛料など刺激の強い食べ物を多く摂ると血液の流れが阻害され、血液がその場に留まりやすくなります。これが血管の伸縮を邪魔するので血管が太い状態が多くなり、結果的に皮膚が赤みを帯びてしまうことになります。同じようにアトピー性皮膚炎で使用しているステロイドが影響することもあります。服用している薬によることもあるのでその場合はお医者さんに確認してみてください。