赤ら顔 SOD

赤ら顔の人はSODの分泌が少ない

普通の人と比べ、赤ら顔の人はSODの分泌が少ないことが多いです。SODというのは活性酸素を除去してくれる物質「スーパーオキシドジスムターゼ」の略でスポーツ時や過重労働時に発生しすぎた活性酸素を消去し過剰に増えすぎないよう抑制してくれます。活性酸素は誰のカラダの中にでもあり、呼吸で吸い込んだ酸素の2%ほどが活性酸素になるそうです。活性酸素はカラダの中のバイキンを退治する働きがありますが、あまり多すぎると有害な物質にもなってしまいます。多くなりすぎないよう体内の活性酸素の量を調整しているのがSODなのです。

 

SODと赤ら顔の関係

 

体内でのSODの分泌は加齢とともに減少していきます。20歳を超えると減少しはじめるといいますが、人間の病気で活性酸素が関係するものは約9割。ほとんどの病気に活性酸素が関係しているんですね。活性酸素は結合力が強く、脂質と結合して過酸化脂質になり多くの病気の原因となっています。

 

赤ら顔の症状がある人はSODの量が生まれつき少ない人が多く、また、SODの減少する年齢も早い人が多いそうです。SODが少ないために毛細血管の拡張を上手く抑えることができないんですね。

 

SODが少ない方は病気にかかりやすくなります。活性酸素は身体に対する強いストレスで発生してしまいます。スポーツなどの激しい運動でも多く発生しますので、激しい運動を避けるということは活性酸素への対策になります。

 

SODを増やすには

 

SODは食べ物から摂取することもできますが、分子の大きさが大きいため身体へ吸収することができません。以前はSOD注射というものがありましたが、牛の血を使っていたためBSEの発生で使用できなくなりました。では、どうやって活性酸素を除去すればいいのか。

 

活性酸素の除去にはSOD以外にもあります。ポリフェノールやビタミン類がその物質。SODよりも効果は低くなりますが、体内へ吸収することができます。また、SOD様作用食品というものもあり、SODに近い活性酸素の除去能力を持っています。

 

ポリフェノールは果物や野菜に多く含まれ、ビタミン類はマルチビタミン類をサプリメントで補うという方法で取り入れていくと効率的です。できるだけ低分子化されたもの、ナノ化されている製品なら最適です。油剤化されているものならさらに効率的に体内へ取り入れていくことができるでしょう。

 

洗顔後のメンテナンスで専用美容液を使うなど、肌のバリア機能を高めることも赤ら顔の対策として役立つことと思います。