赤ら顔 汗

赤ら顔が悪化する汗の秘密やトラブル防止について

 

暑い夏の季節には汗をかくもの。外出するだけで暑い日差しに当たり汗をかきますが、この汗にこそ赤ら顔を悪化させる原因があったのです。ここでは赤ら顔を悪化させる汗の対策をご紹介していきます。

 

汗で赤ら顔が悪化する原因とは

 

汗をかく幹線はもちろん顔の肌にもありますし汗をかきます。汗の成分は唾液と同じでかいた瞬間の汗は汚いものではなく無害。無害のはずの汗が赤ら顔悪化の原因になるのは汗が空気に触れることで酸化してしまうからです。

 

汗が空気に触れると空気中の成分や化粧品、皮脂などと混ざり合って活性酸素を発生させます。この活性酸素が発生する過程で毛細血管の拡張も引き起こしてしまうのです。毛細血管の拡張は汗と混じり合った活性酸素を吸収することが影響していて、汗の出口が塞がれ炎症を起こしてしまうと痒みがでてくることもあります。

 

常に乾燥している肌は特に炎症を起こしやすくなっています。汗と化粧品の成分、汗と紫外線の刺激など毛細血管拡張につながる要因はいくつでも考えられます。紫外線の影響を抑えようとUVカットクリームを使用することも炎症の要因になりえるので肌に付けるものは慎重に選んでいく必要があります。

 

汗で赤ら顔を悪化させないために

 

汗には爽やかな汗とジトッとした汗があります。爽やかな汗というのはスポーツをしてかく時の汗。ジトッとした汗というのは暑い部屋にいるときの汗や肉体労働での汗などです。

 

スポーツをしてかく時の汗とは違い、肉体労働や暑い部屋でじっとしている時にかく汗は過酸化脂質というものを一緒に分泌しています。この過酸化脂質が問題でドロドロして臭いがする汗のため赤ら顔を悪化させる可能性があるのです。

 

過酸化脂質が肌に付いている状態では肌が酸化し、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。これが炎症などトラブルの原因となり毛細血管の拡張を引き起こしてしまいます。

 

これを防ぐためには汗をかいたらこまめに拭き取ること。汗を多くかいたときには洗顔したり水で洗うだけでも効果を発揮します。洗顔料でもできるだけ化学物質を使用していないもの、無添加のものがおすすめです。赤ら顔対策には紫外線対策もいいですが、意外と忘れられがちな「汗」にも気を使ってみるといいでしょう。