赤ら顔 化粧水

赤ら顔におすすめの化粧水とは

赤ら顔用の化粧水は市販品ではありません。ネットでも赤ら顔専用で効果のある化粧水というのは中々見つけることはできないでしょう。効果のある化粧水選びのコツはセラミド配合されていること。ビタミンK配合のものを探すことです

 

セラミドは内部から乾燥を改善し、ビタミンKは血流の流れをスムーズにしてくれます。敏感肌でも使用することができる無添加の化粧水もいいでしょう。アルコールや鉱物油、フェノキシエタノールが含まれていないものを探せば無添加製品を見つけることができると思います。

 

赤ら顔化粧水ランキング

 

白漢 しろ彩
フランス地中海から取り出した海洋性エキスが配合された「しろ彩」。希望者に28日間使ってもらった中で約86%の方が赤みが軽くなったという報告があったそう。皮膚科医にも認められ93%もの皮膚科医が好評価を与えたとか。赤ら顔に効果のある化粧水を選ぶコツにセラミド配合されていることを挙げましたがしろ彩にはセラミドが入っています。他にもコラーゲン、ヒアルロン酸、高浸透型ビタミンC誘導体も含まれていて赤ら顔には効果的。30日間返金保証もついているのでもしもの時でも安心です。
価格 総合評価 備考
税込4,838円 赤ら顔,化粧水 30日間返金保証あり

 

ウルウ


ウルウは赤ら顔対策にオールインワンで対応できる化粧水。その手軽さから人気がありヒト型セラミドを3種類も配合しています。さらに天然のクリームとも呼ばれるスクワランが皮脂膜となって肌の水分保持力を高めてくれます。完全無添加で男女問わず敏感肌の方でも使える化粧水です。赤ら顔対策に大切なことは肌のバリア機能を強化すること。セラミドをしっかりと補うことです。そのセラミドを手軽に補えるのがULUシェイクモイストミルク。浸透セラミドを一本の中にたっぷりと凝縮していてしっかり肌の奥まで浸透させる特殊技術を採用しています。

 

価格 総合評価 備考
税込4,860円 赤ら顔,化粧水 定期コース初回3,888円

 

アヤナス


アヤナスは敏感肌の方のために作られたエイジングケア化粧品。日常的なストレスから皮膚の温度が低下すると自律神経のバランスが崩れ、血行不良になり熱が運ばれにくくなります。そのために皮膚の温度が低下してしまいます。皮膚の温度が下がってしまうと肌のバリア機能が低下してしまいます。それを防いで美肌へ導くのがアヤナス。化粧水でなく化粧品ではありますが保湿力に優れたセラミドナノスフィア配合の製品ですのでランキングに選びました。ハリ・弾力が170%アップしたそうですが10日分のトライアルセットがあるのでじっくり検証することができるでしょう。
価格 総合評価 備考
税込1,480円 赤ら顔,化粧水 30日間返品保証あり

 

リプロスキン


医薬部外品の「リプロスキン」は赤ら顔、シミ・黒ずみ、凹凸肌に効果のある化粧水。ニキビなどにも効果があり、理想の肌を実現することができます。有効美容成分を浸透力を強化。リプロスキンだけの浸透向上システムで配合成分を肌の奥深くまで届ける。グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス、ヒアルロン酸など肌の深部に届けます。お肌に浸透させにくい油溶性成分もリプロスキンなら大丈夫。お肌の保護成分スクワラン、整肌にフェルラ酸、保湿のコメセラミドなどの油溶性成分も肌の深部まで届けてくれます。定期コースならお得な4大特典付きです。
価格 総合評価 備考
税抜4,980円 赤ら顔,化粧水 60日間返金保証

 

ベルブラン


3つの美容成分とトリプルヒアルロン酸、スーパー浸透油溶性甘草エキスが配合されとにかく使用感がいいです。肌につけた瞬間にすっと浸透してくのを感じることができ、美容液だけではなく乳液の成分まで肌の奥へ浸透していく感じがするとか。頬が手のひらに吸い付くほどのモチモチ肌を実現してくれるというベルブラン。もともとはニキビ跡対策や吹き出物用の導入美容液だそうですがスーパー浸透油溶甘草エキスは赤ら顔の原因となる炎症、毛細血管拡張を抑えてくれる効果があるそうです。定期コース限定で60日間返金保証が付いています。
価格 総合評価 備考
税込7,862円 赤ら顔,化粧水 60日間返金保証

 

 

 

 

ランキング1位でご紹介した「しろ彩」は他の製品にはない赤ら顔専用の化粧水。化粧水選びで迷われている方はぜひしろ彩を使ってみて下さい。そしてどうせ使うならずっとお得な定期コースがおすすめです。定期コースなら20%オフの価格で使い続けることができますし、万が一の場合でも30日間の返金保証がついているので大丈夫です。

 

敏感肌などお肌がデリケートな方は現在使用している化粧水を変更することに少なからず不安もあるかと思います。もしも肌に合わなかった場合、全部使い切った状態でも返金に対応してくれるので長い間赤ら顔で悩んでいる方はぜひ一度お試しください。

 

 

赤ら顔の特徴と対策について

赤ら顔にもさまざまな種類、原因がありますが、その中でも体質的に赤ら顔になりやすい人とそうではない人とに分けることができます。体質的に赤ら顔になりやすい方。そうではない方とに分けて詳しくご説明していきましょう。

 

体質的な赤ら顔とそうではない赤ら顔

 

さきほどいろんな原因で赤ら顔になるということをお伝えしました。その中で赤ら顔になりやすい方がいらっしゃいます。赤面症という言葉を聞いたことがあるでしょう。この赤面症というのは緊張やストレスから来るもので緊張したりストレスを感じたりすると一瞬で顔が赤くなってしまいます。これは心の持ち方、考え方に関係するところが大きく治療のためにはメンタル的な問題を解決する必要がありますが、メンタルの問題さえ解決することができれば赤面症も治すことが可能です。

 

これに対してアルコールなどですぐに顔が赤くなるという方は体質的なものの影響が大きく、これを治すことは大変な時間と労力が必要です。よく鼻の周りや頬のあたりが赤い方、気温の変化で赤くなるような方は少し注意が必要になる場合があります。それは自分で皮膚が薄くなるようなことをしてしまっていることもあるからです。生まれつきの赤ら顔出ない方の肌の赤みは自分で皮膚を削っている可能性があるのです。

 

皮膚が薄いと赤ら顔になる?

 

 

洗顔の時に顔をゴシゴシと強くこすって洗ったりしていませんか?ピーリングを頻繁に行ってはいませんか?人の皮膚の厚みはわずか0.02ミリ程度しかないと言われています。ですので皮膚が削られているという自覚ががなく皮膚に影響を与えているということがあるのです。

 

肌が薄くなると血液が浮いて見える可能性が高くなります。それだけではなく免疫力も落ちてしまい、ニキビや肌荒れの原因ともなることがあります。それらが悪化していくとさらに赤ら顔の症状が大きくなっていくこともありえるのです。

 

肌トラブルが多い方は注意が必要

 

敏感肌やアトピーといった方々は一度炎症をおこしてしまうとその場所からさらに肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。一度目の炎症で免疫力も下がってしまうのですね。そして何度も同じ場所でトラブルを繰り返すうちに赤みが沈着して赤ら顔になるということもあるのです。

 

これに対処するには肌の赤みに良い化粧品選びをすることが重要です。皮膚の炎症を抑えるためにビタミンC誘導体が配合されている化粧品を選びましょう。リン酸パルミチン酸アルコスビル3Naとかリン酸アスコルビン酸Naと書かれているものがビタミンC誘導体にあたります。

 

また、炎症が治まった後の肌にはビタミンK配合の化粧品がいいでしょう。ビタミンKには血管の詰まりを取り除く効果があり血流の流れをスムーズにしてくれます。血流がスムーズになれば血管が広がりにくくなりますから赤ら顔の改善につながります。

毛細血管拡張症

赤ら顔の原因にもいろいろなものがあります。その中でもっとも多い原因とされているのが毛細血管拡張症です。毛細血管拡張症というのは皮膚の二層目の真皮にある毛細血管が広がったまま元の細さに戻らず、血の色が肌を透けて見えるようになる症状。毛細血管拡張症は頬や鼻など顔に現れやすい症状です。

 

毛細血管拡張症の根本的な原因は未だに解明されていません。毛細血管が広がって元へ戻らないのは交感神経が緊張した状態を保つことが原因だとも言われています。例えば、何度も同じ箇所の毛を抜いていると次第に毛が生えてこなくなります。これと同じで気温差の大きな場所を何度も行き来したりすることで毛細血管が開いたままになるというのが原因だとも言われています。

 

 

毛細血管拡張症の治療にはレーザー治療フォトフェイシャルを用いた治療法があります。レーザー光線を患部へ当てて治療するレーザー治療では毛細血管を凝固させて血管自体を収縮させます。

 

フォトフェイシャルでは患部全体に光を当てながら全体的に治療をしていきます。レーザー治療がピンポイントで治療するのに対しフォトフェイシャルは患部全体を優しく治療していきます。そのため波長が弱く効果がは低くなってしまいます。

 

家庭での赤み対策

 

自宅でも赤み対策を行うことは有効です。次のようなことを心がけるだけで自然と回復していく可能性もあります。

 

自律神経を鍛える

 

自律神経は交感神経と副交感神経とで成り立っています。ストレスがかかるときには交感神経が活発な時。そのストレスを溜めないために自分なりのストレス発散法を見つけるだけで副交感神経が優位な状態を保つことができるようになっていきます。

 

食べ物に気をつける

 

刺激の強い食べ物を摂ることは控えましょう。七味唐辛子などの香辛料、コーヒーなどカフェインの入った刺激の強い飲み物もできるだけ控えたほうがいいです。アルコールなど摂りすぎたりすると肌の赤みも目立ちやすくなりますし、なかなか赤みが引かないという状態にもなりやすいです。

 

寒暖差に注意する

 

寒暖差の激しい場所を何度も行き来していると自律神経が疲れて毛細血管が開いたままになりやすくなります。冬に外出する時はマフラーなどを顔に巻いて外気との温度差を無くすように心がけましょう。

 

スキンケア

 

毎日のスキンケアにも気を使いましょう。肌が薄いと毛細血管も目立ちやすくなります。顔を強くこすって洗顔したり、角質層を削り取ってしまわないように優しく洗顔をします。洗顔後は保湿ケアも欠かさないようにしましょう。しっかりと保湿することで顔の赤みを抑えることができるようになります。

赤ら顔に似た酒さ様皮膚炎とは

赤ら顔によく似た症状で「酒さ様皮膚炎」というのがあります。酒さ様皮膚炎はよく赤ら顔と間違えられますが、酒さ様皮膚炎になるにはそれなりの原因があります。酒さ様皮膚炎というのはアトピー性皮膚炎の種類の一つで顔が火照ったようになるもので女性に多く、特に20代から50代の女性に多いとされています。

 

酒さ様皮膚炎になる方には原因があります。それは副腎皮質ステロイド薬を長期にわたり使用していた場合に副作用によって起こるもの。なんらかの病気を治すためにステロイドを使用している人に多く見られる副作用で、その使用期間が長くなればなるほど副作用の出る可能性が高くなっていきます。

 

ちなみに、副腎皮質ステロイド薬の長期使用で酒さ様皮膚炎になるのは、元々その素養があったからとも言われています。元々酒さ様皮膚炎になりやすい体質であったものが、ステロイドがきっかけとなり症状が現れるという説もあるので家族や親戚に酒さ様皮膚炎の方がいる場合には副腎皮質ステロイド薬の使用には慎重になったほうがいいでしょう。

 

酒さ様皮膚炎の治し方

 

酒さ様皮膚炎は長期にわたって副腎皮質ステロイド薬を使用していた箇所に納采血管拡張や膿疱があらわれてくるもので、顔がほてった感じになったり、熱を持つようになったりします。痒みがでてくることもありますが、その程度は軽く塗り薬で対応できることがほとんどです。毛細血管が目立つようになり、症状が進むと膿疱があらわれてきてニキビのような症状がでてきます。

 

酒さ様皮膚炎を確認するためには皮膚を少しだけ切り取り、検査をしてから判断をします。これは他の病気と区別するために行うもので、酒さ様皮膚炎と判断されれば数カ月から長いときでは一年以上もの治療期間が必要になります。

 

治療としてはまず副腎皮質ステロイド薬の使用を停止します。停止直後は一時的に症状が悪化する場合もあり、最悪の場合は入院して対応していきます。治療法としてはテトラサイクリン系抗生物質などを服用し、白色ワセリンなどの塗り薬も使用して症状の緩和を促します。

 

酒さ様皮膚炎の治療で気をつける点

 

まず、酒さ様皮膚炎になってしまったら肌を刺激しないように心がけることです。ちょっとした刺激もできるだけ避けるようにし、洗顔のときでも力を入れずに洗い、タオルは肌に当てるようにして水分をとるようにします。

 

また、温度差の激しい場所、暖房の効いた暖かい場所に長時間いることも避けたほうが無難です。食べ物でも辛いものは遠慮して飲酒や喫煙も控えるように。外へ出るときはUVクリームでの対策を怠らないようにしてください。

 

もし、あなたが副腎皮質ステロイド薬を使用していて少しでも違和感を感じたら、すぐに病院で診てもらいましょう。治療開始は早ければ早いほど効果があります。